今話題のプラズマローゲン配合「蘇る知力」脳活性化食品の専門ショップ

脳活性化食品専門ショップ ~プラズマローゲン配合の蘇る知力~

フリーダイヤル0120-201-793

血管性認知症とは

脳卒中の後に症状があらわれる

血管性認知症とは、脳卒中(脳梗塞、脳出血)によって起こる脳の欠陥障害で、アルツハイマー病に次いで頻度が高く、認知症の原因疾患のおよそ3割を占めています。一度の脳卒中によって認知障害をきたすこともありますが、多くは小さな脳梗塞(多発性脳梗塞)を繰り返すうち手足の麻痺などを伴いながら認知機能が次第に低下していきます。

ほとんどの場合、脳の血管を傷めるような、あるいは脳血管に破綻を起こすような病気を放置することで起こってきます。高血圧、糖尿病、高脂血症は、脳血管性認知症を引き起こす3大因子です。

初期には、頭が重い、頭痛、痺れ感、めまいなどを訴えます。アルツハイマー型認知症を合併することも多く、鑑別が困難な例が多くあります。

血管性認知症の症状

症状としては、右麻痺、左麻痺のほか、運動性失語(言葉が自由にでてこない)、感覚性失語(相手の言葉を理解できない)などが見られます。また、うつ状態、情動失禁(ささいなことですぐ涙ぐんだり、笑ったりする現象で感情をコントロールできない)、自発性の低下などの精神的な不安定を起こしやすく、段階的に悪化していくのが特徴です。

とくに、激しい物忘れはあるものの、判断力、計算力、常識などが維持されていることが多く「まだら認知症」といわれることがあります。

「まだらぼけ」とは?

アルツハイマー型認知症は脳が全体的に損傷されますが脳血管性の場合は、一部に健常な脳が残ることがあります。例えば、知的機能の低下は全般的ではなく一部は保たれることが多いのです。記憶力も比較的保たれます。一方、上記のように情動失禁(ささいなことですぐ涙ぐんだり、笑ったりする現象で感情をコントロールできない)があり、感情が変わりやすくなるのが特徴です。

症状の「まだら状態」でしっかりした部分と欠落した部分が「まだら」になって共存することから「まだらぼけ」という呼び方をすることもあります。

血管性認知症の中でも、ビンスワンガー病と呼ばれるものは、大脳の深部の白質層という部位に動脈硬化が起こることによって発症します。この場合は、アルツハイマー型認知症との鑑別が困難になります。


お買い求めは、下記オンラインショップサイトで!!


page top