今話題のプラズマローゲン配合「蘇る知力」脳活性化食品の専門ショップ

脳活性化食品専門ショップ ~プラズマローゲン配合の蘇る知力~

フリーダイヤル0120-201-793

前頭側頭型認知症

65歳以下の若年性認知症に比較的多いとされるのが前頭側頭型認知症です。
脳の前頭葉、側頭葉が異常タンパクの蓄積によって冒されることで起こります。かつてはビック病といわれていましたが、現在ではもう少し広い範囲を指すようです。

前頭側頭型認知症の症状

症状としては、周囲を無視して本能の赴くままの行動を取ります。座って話をしていたのに急に立ち上がって出て行ってしまう。店の商品を平気で手にとって食べる。赤信号を渡るといったゴーイングマイウェイ型の行動で、警察沙汰になることもしばしばです。初期には、統合失調症、躁うつ病の躁状態などと診断されることもあります。

そのほかの特徴的な症状としては、同じコースを決まった時間に散歩する(周徊)、一定の速度で同じ言葉を繰り返す(反復言動)、机を繰り返したたいたり、膝をさするといった(常同行動)などがあげられます。常同行動は食生活にも見られ、決まった食品、料理にこだわって毎日繰り返し食べ、大食になることもあります。
これらの行動をとめようとすると、興奮したり攻撃的になります。

療養環境

療養環境としては、静かで刺激の少ない環境が望ましく、施設であれば担当職員をなるべく固定して、初期の頃に信頼関係を作り、いい生活習慣やリハビリの習慣を作ってもらうようにします。、リハビリは、簡単な作業から次第に複雑な作業へ進めていくのがよいとされます

お買い求めは、下記オンラインショップサイトで!!


page top